[ワシントン 21日 ロイター] - つなぎ予算の失効により米連邦政府機関の一部が閉鎖したことを受け、議会上院の共和、民主両党の穏健派議員らは21日に事態打開に向け協議を行った。ただ、週明け22日までに合意に達するかどうかは不透明。

この日の協議には20数人の議員が参加。一部議員は進展がみられたと述べたが、妥協が成立する可能性について詳細は明かさなかった。議員らは、最終的な結論は上院共和党のトップ、マコネル院内総務と上院民主党のシューマー院内総務に委ねられたと語った。

共和党のジョニー・アイザクソン上院議員は「正しい方向に進んでいる」と述べた。「良くも悪くもあらゆる可能性を排除しないが、良い結果を期待している」とした。

両党間の協議では、共和党が民主党の訴える移民問題への対応を数週間内に行うと約束する代わりに、政府機関再開に向け民主党の協力を取り付けるという合意案が浮上しているもよう。

共和党のリンゼー・グラム上院議員は「政府機関の再開と移民問題の解決を同時に図る」と強調した。

民主党は幼少期に親と不法入国した「ドリーマー」の救済策を講じるよう要求している。

民主党のディック・ダービン上院議員はCBSテレビの番組で、「まっとうな回答を求めている。その回答を導くことができるのはトランプ大統領だけだ。これは彼が引き起こした閉鎖だ」と強調した。

トランプ氏と共和党議員の一部は、予算措置が可決されない限り移民などの問題を協議しないとの立場を崩していない。

ホワイトハウスのサンダース報道官は「シューマー上院議員と民主党が、米国民に仕える政府と軍隊を人質に取る限り、われわれは不法移民の扱いについて協議に応じない」と述べた。