真言宗の尼僧である悟東あすか氏は、幼い頃から「見えない存在」を感じ取っていたが、そのことで生き辛さを感じ、得度した際にお大師さまに祈って以来は霊感的に何かを見ることはなくなり、そして徐々に祈る時にご神仏からのメッセージを受け取れるようになったという。

そうして受け取ってきた様々なメッセージからわかった、ご神仏の力を借りて幸運に生きる方法を紹介した『神さま仏さまがこっそり教えてくれたこと』から一部を抜粋し、再構成してご紹介する。

この本で紹介されている悟東氏の周囲で起こった実際のエピソードには信じがたいものも多く、「神さま仏さまなんて、いるわけない!」と思い込んでいる人でもいつしか、「神さま、仏さまに祈ってみよう!」という気にさせてしまうはず!

誰もが例外なく、神仏とつながっている

悟東あすか(ごとう あすか)
高野山真言宗尼僧であり、漫画家。幼い頃から「見えないもの」の存在を感じ、それに悩まされることもあったが、得度した時にお大師さまに願うことで、以後は祈る時にだけ感じられるようになり、現在に至る。尼僧としては、1984年、高野山別格本山西禅院徒弟として得度。受明灌頂授了。2006年、高野山大学加行道場大菩提院にて加行成満。同年伝法灌頂授了。2007~2009年、高野山大学にて中院流一流伝授授了。漫画家としては、1989年に集英社少年ジャンプ第30回赤塚賞準入選。同年週刊少年ジャンプ夏期増刊号にてデビュー。<撮影:松島和彦>

 あなたは、ご神仏のご加護を得るには、人間が一生懸命努力して歩み寄っていかなければならないと思っていませんか?
 もしそうだとしたら、それは勘違いです。ご神仏に守られるためには、人より抜きん出ていたり、一生懸命がんばったりしなければならないわけではありません。

 また、ご神仏とつながるためには、特別な修行や訓練はいりません。
 私たちは全員ひとりの例外もなく、ご神仏とつながっています。私たちが心の中で神さまや仏さまを思えば、そこにその思ったご神仏が現れます。
 願いをかなえたい時や困った時、心の中で「神さま!仏さま!」と思いを向けるだけで、その思いに呼応して迅速にやって来てくださいます。そして、肩を抱くように寄り添い、ずっと守ってくれます。

 逆に、どんなに神さまたちが手助けしたくても、私たち自身が心を通して縁を結ばなければ、なかなかその力を借りることはできないのです。

観光がてらのお参りでも、神仏とのご縁は結べる

 もし今、あなたが「そう言われても、そんなに神さまや仏さまを身近に感じたことはないな」と思っていても、大丈夫です。自覚の有無にかかわらず、誰もがご神仏とご縁を結び、見守られていることに変わりはありませんから。
 たとえあなたがご神仏の存在を感じたことがなかったとしても、初詣や七五三、厄除け、法事などで寺社にお参りしたことはあるはずです。また、仏壇や神棚に手を合わせたり、観光で神社仏閣を訪れたりしたこともあるはずです。
 たった一度お参りしただけ、手を合わせただけでも、そこに思いがこもっていれば、ご縁はしっかり結ばれます。

 ある日、友人の奥さんが、「不思議な夢を見た」といって私に電話をくれました。
 それは、お寺でカレーライスを食べた夢だそう。

「お寺でカレーライスを食べるために、私は列に並んでいました。どうもカツカレーのようです。
 でも、私はカツカレーが嫌いだから、『ほしくない』って言ったんです。
 すると、お地蔵さまが現れて、『好き嫌いすると怒るよ。食べなさい』と言われました。
『ちゃんと食べないといけないよ。食べれば大丈夫だから』
 そう言われたので、私は仕方なく食べたんです」

 それを聞いて私は、
「もしかして、お地蔵さまにお参りしなかった?」
 と尋ねると、彼女は、「そういえば」と言って、
「『怒るよ』って言ったお地蔵さまとよく似たお地蔵さまに、お参りした気がする」
 と答えたのでした。
 彼女は、時間ができるたびに鎌倉に行って、観光がてらお参りをするのが好きだったそうです。
 鎌倉は、とりわけお地蔵さまが多いところです。お地蔵さまをご本尊としてお祀りしているお寺が多くあり、当然のように彼女もいくつものお地蔵さまにお参りしてきていたのでした。