真言宗の尼僧である悟東あすか氏は、幼い頃から「見えない存在」を感じ取っていたが、そのことで生き辛さを感じ、得度した際にお大師さまに祈って以来は霊感的に何かを見ることはなくなり、そして徐々に祈る時にご神仏からのメッセージを受け取れるようになったという。

そうして受け取ってきた様々なメッセージからわかった、ご神仏の力を借りて幸運に生きる方法を紹介した『神さま仏さまがこっそり教えてくれたこと』から一部を抜粋し、再構成してご紹介する。

この本で紹介されている悟東氏の周囲で起こった実際のエピソードには信じがたいものも多く、「神さま仏さまなんて、いるわけない!」と思い込んでいる人でもいつしか、「神さま、仏さまに祈ってみよう!」という気にさせてしまうはず!

ご神仏のメッセージを受け取りやすくする練習

悟東あすか(ごとう あすか)
高野山真言宗尼僧であり、漫画家。幼い頃から「見えないもの」の存在を感じ、それに悩まされることもあったが、得度した時にお大師さまに願うことで、以後は祈る時にだけ感じられるようになり、現在に至る。尼僧としては、1984年、高野山別格本山西禅院徒弟として得度。受明灌頂授了。2006年、高野山大学加行道場大菩提院にて加行成満。同年伝法灌頂授了。2007~2009年、高野山大学にて中院流一流伝授授了。漫画家としては、1989年に集英社少年ジャンプ第30回赤塚賞準入選。同年週刊少年ジャンプ夏期増刊号にてデビュー。<撮影:松島和彦>

「自分なんかにご神仏のメッセージを受け取れるわけがない」
「ご神仏と直接つながれるなんて信じられない」
 と思っている人も多いでしょう。
 それでは、せっかくご神仏と交流できる「心」という窓口と感性があるのに、自分でフタをしていることになります。

 ご神仏とのコミュニケーションを深めるために、日頃から神さまや仏さまに意識を向ける練習をぜひ始めてみてください。
 ここでは、ご神仏とつながって、そのサインやメッセージを受け取る小さな練習をご紹介しましょう。
 今日からできることですから、気軽にやってみてください。

 まず、自分の好きなご神仏やご縁があると感じるご神仏に次のように祈ります。

「○○の問題について、
 私が知るべきことを教えてください」

「○○という望みをかなえるための
 ヒントをください」

 具体的に聞きたいことがない場合は、

「今の私に
 一番大切なメッセージを
 受け取らせてください」

 と祈ってみてもいいでしょう。
 そして、散歩や買い物に出かけるのです。
 この時、最初からひらめきという形でメッセージを受け取るのは難しいかもしれません。ですから、質問の後にこう続けましょう。

「大事な情報があったら、
 目に止まったり、
 聞こえてきたりするようにしてください」

 ご神仏とともにいる気持ちで楽しみながら、感性を解き放って散歩などしてみてください。

「クサクサしているので気分転換したいんです。気持ちの上がるものが何か見つかりますように。うれしくなるような体験ができますように」
「今の仕事がもっとうまくいくアイディアが浮かびますように」

 などとお願いすれば、意外なほど早いタイミングでいいアイディアがやって来たり、沈んでいた気分が楽しくなるような出来事が起きたりもします。
 朝、「今日一日、どれだけご神仏のメッセージを受け取れるか」とわくわくして、夜に振り返るのもいい訓練になります。

 買い物の前に、

「私にぴったりの
 ○○が見つかりますように」

「最高の○○と
 出会えますように」

 とお願いするのもいいですよ。

 こんなふうに、ご神仏とつながるチャンスは日常にあふれているのです。
 小さなことで日頃から訓練しておけば、ご神仏からのサインが来た時に「偶然だろう」と見過ごしたりしなくなります。
 ささやかなことでも、「あれでよかったんだ」「いいことを学べた」と思えるようになり、さらに大きな問題を問いかけても、イエスかノーかがはっきりわかるようになるのです。