真言宗の尼僧である悟東あすか氏は、幼い頃から「見えない存在」を感じ取っていたが、そのことで生き辛さを感じ、得度した際にお大師さまに祈って以来は霊感的に何かを見ることはなくなり、そして徐々に祈る時にご神仏からのメッセージを受け取れるようになったという。

そうして受け取ってきた様々なメッセージからわかった、ご神仏の力を借りて幸運に生きる方法を紹介した『神さま仏さまがこっそり教えてくれたこと』から一部を抜粋し、再構成してご紹介する。

この本で紹介されている悟東氏の周囲で起こった実際のエピソードには信じがたいものも多く、「神さま仏さまなんて、いるわけない!」と思い込んでいる人でもいつしか、「神さま、仏さまに祈ってみよう!」という気にさせてしまうはず!

ご神仏にイエスとノーを尋ねる方法

悟東あすか(ごとう あすか)
高野山真言宗尼僧であり、漫画家。幼い頃から「見えないもの」の存在を感じ、それに悩まされることもあったが、得度した時にお大師さまに願うことで、以後は祈る時にだけ感じられるようになり、現在に至る。尼僧としては、1984年、高野山別格本山西禅院徒弟として得度。受明灌頂授了。2006年、高野山大学加行道場大菩提院にて加行成満。同年伝法灌頂授了。2007~2009年、高野山大学にて中院流一流伝授授了。漫画家としては、1989年に集英社少年ジャンプ第30回赤塚賞準入選。同年週刊少年ジャンプ夏期増刊号にてデビュー。<撮影:松島和彦>

 AとBのどちらを選べばいいか迷った時、ご神仏に直接質問することもできます。
 困った時、信頼できる相談相手に、「この件について、どうすればいいと思いますか」と尋ねますよね。それと同じように尋ねてみましょう。ご神仏も必ず答えてくれます。

 たとえば、イベントや会合に参加するかどうか、依頼を受けるべきかどうか、何かの誘いをどうするか、かなり悩んだ末に決めかねた時には、「どちらがいいと思いますか?」と、ご神仏にイエスかノーかを聞いてみましょう。
 その方法にはいくつかあります。

(1)寺社に行き、本堂や神殿の前でご本尊やご神体にお参りし、聞いてみる。
 本堂に入れるなら、本堂の中でしばらく座り、仏像や神さまに手を合わせるとなおよい。

(2)真言を唱えて、心にご神仏を思い浮かべながら聞いてみる。
 写真や絵ハガキを見ながらでもいい。

 いずれも、深呼吸して心を落ち着かせてから尋ねてみてください。
 どんなにイライラしていたり悲しかったりしても、できる範囲でいいので、一度心を静かにして、質問することが大切です。

 (2)の方法で尋ねる場合は、自分が大好きな寺社を訪れたり、ポスターや写真で見たことがあって、自分が親近感を感じているご神仏を思い浮かべるといいでしょう。
 絵ハガキを飾ったり、写真を手帳にはさんだり、画像を待ち受けにしたりすると、ご神仏を思い浮かべる時にイメージが深まり、つながりやすくなります。
 写真や絵ハガキからでもご神仏とつながれるなんて、ちょっと信じられませんか?
 でも、その写真や絵ハガキは「入口」です。その向こう側、つまり、あなたの心とつながってご神仏はおられます。
 あなたが一度訪れたことのある寺社でご縁を感じたご神仏の画像であれば、すでにパイプがつながっているので、特に強い関係が結べるはずです。

 やがては、「私を守ってくださる神さま、仏さま」と心から信じて呼びかけるだけでも、必ずやって来てくださいます。
 慣れてくると、「今、神(仏)さまが絶対これをやりなさいと言っているな」とわかるようになります。
 また、ご神仏が後ろから『今だよ!』と完全に後押ししてくれているな、ということも感じ取れるようになります。

 ただ、とても大事なことですが、ご神仏にお願いするだけではなく、ふだんの生活の中で、美味しいものは自分がいただく前にご神仏に供えるなど、いつもご神仏を大事にさせていただくことを決して忘れないでください。
 そうしてご神仏との信頼関係を築いていきましょう。