[ソウル 22日 ロイター] - 韓国の文在寅大統領は22日、平昌冬季五輪開催前の南北関係の改善が、核・ミサイル問題を巡る米国と北朝鮮の協議の実現に向けた「貴重な機会」となるとの見解を示した。

大統領は韓国大統領府(青瓦台)で開いた政権高官との会合で、平昌五輪が、北朝鮮核問題の平和的解決や朝鮮半島の平和実現に向けた対話に「道を開くための貴重な機会」を提供していると述べた。

その上で「現在の対話ムードがいつまで続くかは誰も楽観できない」と指摘。「南北対話が米朝間での協議につながるよう、五輪以降も対話の機会を維持する知恵と努力が必要だ」と述べた。

*内容を追加しました。