1月22日、米フィリップ・モリス・インターナショナルが開発した加熱式たばこ「iQOS(アイコス)」は従来の紙巻たばこに比べ、人体に有害もしくは有害の恐れがある物質の含有量が少ない。米食品医薬品局(FDA)が暫定的な臨床試験報告を公表。都内で2017年5月撮影(2018年 ロイター/Issei Kato)

[22日 ロイター] - 米フィリップ・モリス・インターナショナルが開発した加熱式たばこ「iQOS(アイコス)」は従来の紙巻たばこに比べ、人体に有害もしくは有害の恐れがある物質の含有量が少ない──。米食品医薬品局(FDA)は22日、こうした暫定的な臨床試験報告を公表した。

 試験データによると、アイコスが生み出すエアゾールは細胞を破壊し、人体組織にも悪影響を及ぼす恐れがあるが、紙巻きたばこよりも「全般的に深刻度が低く、被害はずっと一部に集中するように見える」という。

 FDAの担当者の話では、アイコスがどういった性質かについての十分な情報を提供してくれる試験の完全データも、年内には得られる見通しだ。

 FDAの専門家諮問委員会は24日、フィリップ・モリスがアイコスを米国で販売することに関して、承認を勧告するかどうか決める予定だ。

 ウェルズ・ファーゴ・セキュリティーズのアナリスト、ボニー・ヘルツォグ氏は、FDAのゴットリーブ局長が紙巻きたばこよりもリスクの低い代替品市場の育成を支援する方針を表明している点を挙げて、FDAにアイコス販売が承認される可能性は相応にあるとの見方を示した。

Copyright©2018 Thomson Reuters 無断転載を禁じます