[東京 23日 ロイター] - 正午のドル/円は、前日ニューヨーク市場の午後5時時点とほぼ変わらずの110円後半。

日本時間きょう午前、米議会上下両院が連邦政府の支出を手当てするつなぎ予算案を可決、トランプ大統領が署名し成立した。

政府機関の一部閉鎖は解除されたが、市場の反応は限られた。もともと早期解除を想定する声が多かったことに加え、今回のつなぎ予算の期限は来月8日で「今回の合意が閉鎖に至った様々な問題を解決するわけではない。ただ単に、不確実な状況が数週間先延ばしになっただけ」(GS)であるためだという。

ユーロは1.2260ドル付近、米10年債利回りも2.65%付近で小動きだった。