[東京 23日 ロイター] - 世耕弘成経済産業相は23日の閣議後会見で、安倍晋三政権が経営側に求めている今春闘における3%以上の賃上げに関連し、主要企業の間で慎重な姿勢が多いとするNHK報道について、「来年(10月)には消費税を上げる予定も入っているので、ここでしっかりした賃上げすることは極めて重要だ」と指摘した。

世耕経産相は、「全体で(賃上げの)率を上げることに加え、子育て世代への重点配分や中小企業の賃上げ環境の整備などメリハリがついた賃上げが重要だと考えている」などと強調した。

世耕氏はまた、日本政府が政府系の国際協力銀行を通じて欧州のウラン濃縮会社、ウレンコ社(本社英国)を買収する交渉に入ったとの一部報道について、「報道のような事実はまったく承知していない」と述べた。

(浜田健太郎)