[ソウル 23日 ロイター] - 韓国・青瓦台(大統領府)は23日、2月開催の平昌(ピョンチャン)冬季五輪について、北朝鮮との合同チーム結成などにより「平壌(ピョンヤン)五輪」になるだろうとの批判に反論した。

朴洙賢(パク・スヒョン)大統領報道官は記者会見で「ちょうど1カ月前、朝鮮半島は強い緊張に支配されていたが、対話を通じた政権の取り組みが北朝鮮の五輪参加につながった」と指摘。

「平昌五輪に『平壌五輪』などと古臭いあだ名を付けることは理解できない。平昌五輪は『平和の五輪』になるはずだ」と述べた。

報道官は「五輪が朝鮮半島、北東アジア、世界の平和実現への足掛かりとなると確信している」とした。

平昌五輪を巡っては、アイスホッケー女子の南北合同チーム結成や「統一旗」の下での開会式入場の計画などに対し、韓国国内で保守派や若年層から反発の声が上がっている。

*内容を追加しました。