[ニューヨーク 22日 ロイター] - 旅行代理店のアメリカン・エキスプレス・グローバル・ビジネス・トラベル(GBT)は、世界のビジネス旅行が2018年に成長するとの見通しを示した。世界的な経済の改善が背景だという。

リポートでは空路や陸路の輸送、ホテル宿泊などの伸びが続くとし、料金上昇と予約増が業界の成長を支えると予想。「旅行の見通しは明るい。景気の改善が続き、企業・消費者の信頼感上昇が旅行需要の増加となって表れている」と分析した。

特にアジアは、主に中国とインドの好調な経済発展により、最も大きな伸びになるとの見通しを示した。

ただ、世界的に広がる保護主義政策や地政学的な不安定化が引き続き業界の足を引っ張っているなどと指摘。

米国の外交政策と貿易協定の再交渉が、一部路線の過剰輸送能力と格安航空の急拡大と相まって、海外渡航の阻害要因となる可能性があるとの見方を示した。