[台北 23日 ロイター] - 台湾の蔡英文総統は、中国から攻撃を受ける可能性を排除しないと表明した。22日夜放送された台湾テレビ局のインタビューの中で語った。

中国軍が最近、台湾近海での演習の回数を増やすなど、中台関係は緊張感が高まっている。中国側は、定期的な演習だと説明しているが、台湾が独立を目指す動きをみせれば容赦しない、とけん制もしている。

総統は中国が台湾を攻撃する可能性があるかとの質問に「この可能性は誰も排除できない」と指摘。その上で「中国から妨害や圧力を受ければ、われわれは対抗する手段を見つける」と述べた。

台湾近海での中国の活動を巡っては「わが軍はあらゆる行動や動きを監視している」と語った。