[ロンドン 23日 ロイター] - 英国立統計局(ONS)が23日に発表した12月の公的部門財政収支(国有銀行除く)の赤字は26億ポンドと、前年同月の半分程度に縮小し、エコノミスト予想の50億ポンドを大幅に下回った。

付加価値税収が過去最高となったことなどが寄与した。

2017/18年度(17年4月から開始)のこれまでの赤字は前年同期比約12%減の500億ポンドで、07年度以来の低さとなった。

英予算責任局(OBR)は17/18年度の赤字目標を国内総生産(GDP)比2.4%に相当する499億ポンドとしている。

1月は確定申告に伴う税収で黒字となる可能性が高いことなどから、目標を達成できる見通しとなった。

ONSによると、12月の付加価値税収は前年同月比4.9%増の123億ポンドで過去最高だった。

12月の所得税収は5%超増加、4─12月でも4%近く増加した。

4─12月の法人税収は約3%増だった。