JDI

 ジャパンディスプレイは1月23日、「ディスプレイソリューションカンパニー」の事業説明を行なった。

 同社は2017年にカンパニー制に移行。事業としてはスマートフォン向け製品を手掛けるモバイルカンパニー、車載用製品を手掛ける車載インダストリアルカンパニー、そしてディスプレイソリューションカンパニーで構成されている。

 ディスプレイソリューションカンパニーはデジカメ向けディスプレーやウェアラブルデバイス向けの反射型液晶ディスプレーを担当してきたが、デジカメディスプレーは衰退傾向にある。そこで今後新規事業を促進し、2020年委売り上げ規模で1000億円を目指すという。

JDI
VR向けディスプレー。会場には803ppiのものが展示されていた
JDI
PC向けの高精細ディスプレー

 現在、導入を進めているものとしてVR向けディスプレーとハイエンドノートPC向け高精細液晶があり、VR向けでは1000ppi超のディスプレーを今年上期に開発完了予定だ。

JDI
JDI
透明な指紋センサー。後ろにディスプレーを置けば透過して画面の中で指紋認証できるイメージになる

 そして、現在開発しているものが、静電式タッチパネルの技術を応用したガラス指紋センサー。タッチパネルを進化させ、凹凸を認識させることで指紋を読み取る。

 通常、指紋センサーにはシリコンが用いられるが、ガラス基板にすることで透明な指紋センサーが実現可能。また、サイズも自由に調整できる。

JDI
1枚のガラス基板で複数の指紋認証センサーを生産可能。このガラス基板を何枚も同時に生産できるという
JDI
生産するセンサーのサイズも自由に変更できるという

 さらに、フレキシブルな素材を採用することで曲面にすることもできる。この指紋センサーを2018年度中に量産し、出荷する予定だ。

JDI
E Inkを使用した電子棚札。表示の切り替えも可能

 また、E Ink(電子ペーパー)を利用した電子棚札も開発。スーパーなどの商品棚に設置できる横幅30cmのものを開発中で、600ppiの超高精細なものも開発済みとのことだ。

JDI
カードに埋め込まれた超低消費電力ディスプレー

 このほか、IDカードなどに情報を表示できる反射型の超低消費電力ディスプレーなども開発している。

新規事業はディスプレーにこだわらない

JDI
ディスプレイソリューションカンパニー社長の湯田克久氏

 同社執行役員でディスプレイソリューションカンパニー社長の湯田克久氏は今後、「ディスプレーの枠にとらわれない、ハードウェア以外の製品」も開発していくと宣言。

JDI
チーフマーケティングオフィサーの伊藤 嘉明氏

 同社執行役員でチーフマーケティングオフィサーの伊藤 嘉明氏も、「2020年がひとつのマイルストーンになる」とし、「ディスプレーがディスプレーとしてだけ機能する時代は終わり、ディスプレーはインターフェースとなる」と述べた。

 その上で、「モノ造りだけでなくコト造りも行なっていく」とし、たとえば「(インターフェースとしての)ディスプレーを入り口として、異業種と組んでサービスを提供」することを検討しているという。

JDI
ディスプレーに固執せず、速い決断で1000億円の売り上げを目指す

 湯田氏は、カンパニー制に移行したことで「すべての機能が(カンパニーの中に)入っていて、社長の権限で動かせる」ため、スピーディーな意思決定が行なえるとメリットを強調した。