[ブリュッセル 23日 ロイター] - 米フェイスブック<FB.O>のシェリル・サンドバーグ最高執行責任者(COO)は23日、欧州連合(EU)が5月に新たな個人情報保護規則を導入するのに対応し、ユーザーがプライバシーに関する情報を自分で管理できる体制を導入すると述べた。ブリュッセルで開かれた同社イベントでの発言。

COOによると、個人情報を扱う国際的な拠点を新設して中核的なプライバシー設定を集約し、ユーザーが自分のデータを簡単に管理できるようにする。

EUが導入を計画している一般データ保護規則(GDPR)はインターネット誕生以来で最大の個人情報関連規則の見直しで、個人情報やこうした情報の企業の扱いを巡りユーザーの権限が大きくなる。

GDPRに違反した企業は、全世界での売上高の4%相当か2000万ユーロのいずれか大きい方を罰金として科せられる。

フェイスブックは顧客データやユーザーのオンライン上の行動記録を活用しているが、EUの複数のデータ保護当局が既にこうした慣行の調査を進めている。