[ワシントン 23日 ロイター] - 米中央情報局(CIA)のポンペオ長官は23日、北朝鮮のミサイル開発は自衛だけでなく、威圧という目的もあるとの見解を示した。

ポンペオ長官はアメリカン・エンタープライズ政策研究所(AEI)で講演し、北朝鮮の核・ミサイル開発を認めることの最も重大なリスクは他国への拡散だと述べた。

北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長が次に目指すことは、米国に確実に脅威となる兵器や、複数のミサイルを同時に発射する技術の開発だとの考えを示した。「それが可能になる日をできるだけ先に延ばすことがわれわれの任務だ」とした。

長官は、金委員長が目指しているのは体制維持のための米国に対する自衛だけではないとCIAは考えていると指摘。CIAは、金委員長が自身の支配下での南北統一という最終的な目標に向けて兵器を使用するとみている、と語った。

核戦争につながらない方法で北朝鮮の核関連施設を攻撃する選択肢はあるかと質問には回答しなかったが、トランプ大統領が多くの可能性を検討できるよう、様々な選択肢を準備していると述べた。

「大統領は外交手段を通じた問題解決に努めている」とした上で、「それが可能でないと判断した場合、大統領に多くの選択肢を提供できるよう取り組んでいる」と述べた。