[東京 24日 ロイター] - 安倍晋三首相は24日の衆院本会議で、物価安定目標2%の達成に向け、大胆な金融政策の継続に期待感を示した。その上で首相は「具体的な手法は日銀に委ねている。日銀は適切に金融政策を運営している」などと述べ、黒田東彦総裁の手腕を重ねて評価した。

施政方針演説に対する代表質問で、希望の党の玉木雄一郎代表の質問に答えた。