[香港 24日 ロイター] - シガール・メンデルカー米財務次官(テロ・金融犯罪担当)は24日、対北朝鮮制裁の「抜け穴」に利用されないよう、香港は規則や規制の実行を強化する必要があるとの見解を示した。

次官は「香港は国際的な金融ハブであると同時に、会社の設立や登記の規則には厳格化が必要な部分もあるとわれわれは考える」と述べた。

その上で、香港の当局者との協議について「法令の強化・実行だけでなく、香港はダミー会社の隠れ場所にはならないという強いメッセージを送るため、あらためて法令を導入するための方法について、生産的で率直な話し合いができた」と述べた。