ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
短答直入

ジュピターテレコム(J:COM)社長 森 修一
地デジ特需後に目指すは顧客フォローとネット拡大

2012年1月18日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

地域ケーブルテレビ局のM&Aを次々に行い、急成長を遂げた業界トップのジュピターテレコム。「地デジ特需」後の戦略を聞いた。

Photo by Toshiaki Usami

──2011年を振り返ってどんな1年だったか

 3月に社長に就任し、まず始めたのが現場の意識改革だ。

 われわれの強みは営業部隊。約2500人が日々、およそ1万世帯のインターホンを押して新規契約を獲得してきたことにある。

 しかし、前のめりになり過ぎた感があった。そのため「契約は取るまでが半分、取ってからが半分」と伝えた。顧客のアフターフォローをきっちりとやることで、解約者が減るからだ。

 その一環としてコールセンターの体制を強化した。電話応答率が80%を切り、困ったときに電話がつながらなかった。人員を170人増やすと、8月には応答率が90%を超えて、他企業並みとなった。

 加えて組織改編で部署の壁を取り払い、たらい回しも減らした。その結果、10年1~3月に1.21%だった平均月次解約率は、11年7~9月に0.92%まで改善、いまや史上最低の水準だ。

──地上デジタルテレビ放送移行に伴う特需は終わったが、成長戦略をどう描いているのか。

 じつは、われわれのケーブルにつながっている世帯は全国に約900万世帯もある。対して加入世帯はまだ約360万世帯でその差は540万世帯。つまり宝の山と呼べる潜在顧客が眠っているのだ。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


短答直入

円高や原燃料高など、企業の経営環境が厳しさを増すなか、日本を代表する企業のトップはどんな成長戦略を講じているのか。話題の企業の内実に鋭く切り込むインタビュー。

「短答直入」

⇒バックナンバー一覧