ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

ビジネスの中心地からメタボ社員がいなくなる?
話題沸騰の「丸の内タニタ食堂」へ早速行ってみた

田中恭子
2012年1月19日
著者・コラム紹介バックナンバー

 社員食堂のレシピ本シリーズが実売300万部を超えたタニタが、1月11日、「丸の内タニタ食堂」をオープンさせた。新聞やテレビの報道で知った向きも多いだろう。

連日、整理券があっという間になくなる盛況ぶり

 筆者も話題の定食を堪能しようと、オープン当日、丸ノ内国際ビルヂング地下1階にある同食堂を訪れた。営業時間は平日の午前11時~午後3時と短いため、昼のピークタイムを避けて早めに到着したのだが、当日午前8時30分に配布されたという整理券はあっという間に完売。店内はもちろんのこと、店外も見物客や報道陣でごった返すという、想像以上の盛況ぶりだったのである。

カロリーが低い一方、味わい深いラインナップホワイトを基調とし、開放感と清潔感溢れる癒しの店内

 タニタのホームページには、翌12日時点で「当面、想定を上回る混雑が続くと思われ、引き続き午前8時30分より店頭にて整理券を配布」とあり、しばらくこの過熱ぶりは続きそうな気配である。

 同食堂の最大の魅力は、タニタの社員食堂のコンセプトを忠実に再現した日替わり定食800円と、週替わり定食900円(いずれも税込)を提供している点。栄養バランスがよく、1食当たり約500kcal、塩分約3gに抑えながらも、味わい深いラインナップだ。

 それ以外にも、多彩な工夫を凝らしている。ヒーリング音楽会社とコラボし、本食堂専用のBGM集を流している他、アロマ会社と連携し、オリジナルのエッセンシャルオイルで優しさを演出している。店内スペースは今後、様々なイベントにも対応するアンテナショップとしても活用される予定だ。 

すぐ隣には、カウンセリングルームを設けている

 また食堂には、体組成計を備えたカウンセリングルームを併設。営業時間中は管理栄養士が常駐し、無料でアドバイスも行なう。

 このような食堂での展開が実現するのは、店舗のプロデュースや運営を担当する「食の専門家」と業務提携したから。全国に61店舗を運営する外食チェーン、株式会社きちり(本社:大阪市)が、店舗マネジメントで強力にサポートしているのだ。

 そもそもタニタは、企業のテーマとして、“メタボ社員ゼロ”を目指した食のソリューションを、社員食堂のメニューを通して図ってきた。それが健康志向の追い風のなか、クローズアップされた形だ。

 タニタ食堂は、「丸の内」という日本のビジネスの中心地でどのように迎えられるのか。最前線のビジネス戦士たちの食の意識までも変えていくのだろうか?そんなタニタの試みに大いに注目したい。

(田中恭子/5時から作家塾(R)


この記事に関連した読者調査の投票結果を見る
(投票期間は終了しています。)

関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


消費インサイド

今の世の中、いったいどんな商品やサービスが流行っているのか? それを日々ウォッチすることは、ビジネスでヒントを得るためにも重要なこと。世間でにわかに盛り上がっているトレンド、これから盛り上がりそうなトレンドを、様々な分野から選りすぐってご紹介します。

「消費インサイド」

⇒バックナンバー一覧