[ダボス(スイス) 25日 ロイター] - ムニューシン米財務長官は、弱いドルは米貿易収支にとって短期的に有利だが、長期的には堅調な通貨であると確信していると述べた。

長官は世界経済フォーラムで「ドルについて私は首尾一貫していると考える。これまでの財務長官もドルについて発言した。私がこれまで言ってきたのは、まず第一に通貨の自由な取引を支持しているということだ」と述べた。

「現在のドル水準は私の懸念要因ではない」と述べた。