正田連載

 格安SIMと同列に語られ、販売店でも「格安スマホ」のカテゴリーに分類されることもある大手キャリアのいわゆる「サブブランド」。

 具体的には「Y!mobile」と「UQ mobile」の2つを指すが、果たして本当に格安なのだろうか?

 本連載でも端末と回線の分離や契約の気軽さがあるMVNOの格安SIMとは明確に別のものと区別してきたが、話題になったことや最近の競争事情から見逃せなくなったので、サブブランドはどうなのか考えてみた。

サブブランドは、混雑時の速度低下があまりなさそう

 2017年末にスタートした総務省の識者会議「モバイル市場の公正競争促進に関する検討会」を見ると、MVNO勢が大手キャリアのサブブランドに対してフェアではないと意見している様子が報じられている。

 サブブランドの料金ではサービス面でMVNOが互角に戦えず、その中身を明らかにすることを求めている。

 実際にどうなのかはさておき、MVNO勢が文句を言うくらいということは、利用者にとってはサブブランドのサービスは魅力的なものと考えることもできる。

 意見の中には混雑時の回線品質についても言及しており、MVNOでは、コスト面から現在の顧客向け料金ではサブブランド並みの実効通信速度が確保できないとしている。

 それは、逆に言えばサブブランドはランチタイムや夕方の回線混雑による遅延があまりないことをMVNO勢が指摘していることになる。

なかなか月額1480円にはならず、2年目から負担額増も

正田連載
正田連載
Y!mobileとUQ mobileの料金プラン紹介ページ

 混雑時の品質が良く、料金がお手頃ならサブブランドは魅力的。次に料金面を詳しく見ていこう。

 宣伝でよく見かけるのが月額1480円や1980円という数字。月間の高速通信容量は1GBで、1回あたり5~10分までの通話が無料というプランのことである。

 よく見るとその数字には「~」が付いており、特定の条件を満たした場合の金額だと読み取ることができる。

 実際にはY!mobile、UQ mobileとも単体契約では通信容量1GB、5分(UQ mobile)または10分(Y!mobile)までの無料通話のプランは2980円。大手キャリアと同じ自動継続されて無料で解約できる期間が2年に1回しか来ない24ヵ月契約の料金となる。さらにユニバーサルサービス料と消費税が追加される。

 最低が1480円となるのは、契約1年目が毎月1000円引きとなるキャンペーンを継続中なことと、自宅の光ファイバー回線とセットや複数回線の2台目は500円引きとなるためである。

 ただし、キャンペーンにより通信容量が2年間は倍になり、月間2GBまでの高速通信が利用できる。

記事掲載当初、通話の時間に誤りがありました。お詫びして訂正いたします(2018年1月25日)

格安SIMもサブブランドに対して安いとは言えない

 対する格安SIMではどうか。数値化しにくい回線の質は別として、単純に料金を比較してみよう。

 たとえば「IIJmio」で月間3GB、1回あたり10分間までの無料通話だと1600円+830円で2430円。24ヵ月で5万8320円(消費税・ユニバーサルサービス料別)、現在はキャンペーン中で1年間300円引きでさらに容量が1GBプラスになっているので5万4720円。

 一方、Y!mobileは「スマホプラン S」だと月間2GBで2980円。24ヵ月で7万1520円となるが、最初の1年間はキャンペーン割り適用で1980円となるので5万9520円(消費税・ユニバーサルサービス料別)となる。

 IIJmioは通信容量が多く、1年経過以降は違約金なしでいつでも解約できるメリットが、Y!mobileは24ヵ月契約だが回線品質が高いというメリットがあり、その差を考えると互角と言える。

 もう少し容量が大きい6GBプランの24ヵ月の料金では、IIJmioが最初の1年は1GBプラスした7GBと多いが6万6600円、Y!mobileの「スマホプラン M」では6GBで8万3520円とIIJmioの安さが出てくる。

 ただ、Y!mobileにはもっと有利な点がある。端末購入を伴うと端末価格の一部を毎月補填してくれる「月額割引」があり、端末価格を実質的に割り引いているほか、端末によっては月額割割引はないが加入前提で端末自体の大幅値引き販売もある。

 たとえば「iPhone SE 32GB」なら9800円で購入できる値下げも行なわれた。

 これはUQ mobileでもほぼ同様の仕組みとなっており、端末価格の一部を毎月補填してくれる制度「マンスリー割」として割り引いてくれる。

 格安SIMでも端末購入の値引きがあるが、Y!mobile、UQ mobileともに最新ではないがiPhoneが選べたり、Y!mobileには最新の「Android One」搭載機があるなど、端末ラインナップという魅力はサブブランドが一歩リードしているかもしれない。

2年縛られる覚悟があるならお得だが
結局は従来キャリアのサービス

 実際のところ、格安SIMに対するサブブランドの大きなデメリットは契約期間や違約金ということになると言えよう。

 月間2GBでよく、2年契約が許容でき、端末も欲しいとなった場合はかなりお得だ。月間6GBでも混雑時の速度低下という面を考えればメリットもあるだろう。

 端末の面では注意しなければならない点がある。Y!mobileのiPhone SEのように大幅割引販売の機種は、短期で解約すると回線契約の違約金のほかに、端末に対する高額違約金がかかる。

 3大キャリアの端末購入に対する大幅値引き策と同様だが、期間が24ヵ月となっている点は注意が必要だ。事情で解約しなければならなくなったときの負担をよく確認しておく必要がある。

 また、Y!mobileの端末とUQ mobileのiPhoneはSIMロックで端末が提供され、条件を満たしてからSIMロック解除の手続きをとる必要があるほか、端末購入の契約者以外はSIMロック解除ができない。

 忘れずにSIMロックを解除すればよいが、原則としてSIMフリーで提供される格安SIM提供端末とは違う点も注意が必要だ。

 結局のところ、特にY!mobileがそうであるように端末縛りがきつい点は3大キャリアとまったく同じ。

 そうした面に嫌気が差して格安SIMを選んでいる人にとっては、サブブランドのサービスは相容れないものである可能性がある。コストはもちろんだが、そういった点も含めて検討するといいだろう。