フロント側にデュアルカメラを搭載した、サムスン電子の最新ミドルスマートフォン「Galaxy A8(2018)」シリーズが店頭にやってきた。イオシス アキバ中央通店などイオシス各店にて販売が始まっている。

Galaxy
Galaxy
サムスン電子のミドルスマホ「Galaxy A8」に最新版が登場。これまでの上位機種に採用された、トレンドの機能をいくつも搭載している

 サムスン電子のミドルレンジモデル「Galaxy A8」の2018年版で、フラッグシップ級のスマートフォンに採用される機能をいくつも搭載している点が特徴。ラインナップは、5.6型サイズのGalaxy A8と、6型ディスプレーを採用した大画面モデルの「Galaxy A8+(2018)」だ。

 ディスプレーは流行のベゼルレス仕様を採用した、アスペクト比18:9の有機ELを搭載。さらにフロントには、F値1.9レンズを備えた1600万画素+800万画素のデュアルカメラを備えている。撮影後にピント位置やボケ味を変更する機能に対応、自撮りに関する性能に優れている。なお、背面には1600万画素のメインカメラも備えている。

Galaxy
Galaxy
5.6型のスタンダードモデル「Galaxy A8」と、6型の大画面モデル「Galaxy A8+」で構成。いずれもフロント側にデュアルカメラを搭載している

 ディスプレー解像度は2220×1050ドットで、プロセッサーはオクタコアのExynos 7885を実装。メモリーとストレージは、Galaxy A8が4GB+32GBでGalaxy A8+が6GB+64GBを実装、大画面モデルの方がやや高性能になっている。搭載OSはAndroid 7.1.1だ。

 そのほか、ネットワークはBluetooth 5.0とNFC、802.11ac無線LANをサポート。通信方式は、FDD-LTEバンド 1/2/3/4/5/7/8/12/13/17/18/19/20/26/28/66、TDD-LTE 38/40/41に対応している。SIMスロットは、nanoSIM×2のデュアルSIM仕様だ。

Galaxy
Galaxy
ディスプレーはベゼルレス仕様になったため、ホームボタンが消滅し指紋認証も背面に移動。なお、画面はいわゆるエッジタイプではない通常スタイルだ

 イオシス各店にて、Galaxy A8が6万2800円、Galaxy A8+が7万2800円で販売中。それぞれブラック、ゴールド、グレーの3色が入荷している。

【関連サイト】