[北京 26日 ロイター] - 中国が銀行と保険の監督当局の統合を検討している。ブルームバーグ・ニュースが26日、事情に詳しい複数の関係筋の話を引用して報じた。

習近平国家主席率いる共産党中央改革グループの指導の下で、政府の機関が中国銀行業監督管理委員会(銀監会、CBRC)と中国保険監督管理委員会(保監会、CIRC)の統合計画を立案しているという。

銀監会と保監会のコメントはこれまでのところ得られていない。

ブルームバーグによると、銀監会と保監会に加えて人民銀行(中央銀行)や中国証券監督管理委員会(証監会、CSRC)も統合する規制当局を創設する案や、人民銀行に銀監会、保監会および証監会を監督するより強い権限を付与する案などが検討されている。

計画は3月の全国人民代表大会(全人代)の後に発表される可能性があるが、なお協議が続いており、修正される可能性があるという。

*内容を追加しました。