[ダボス(スイス) 26日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)のクーレ専務理事は26日、ビットコインなど仮想通貨がもたらすリスクについて各国当局が検討を行っており、3月にアルゼンチンで開かれる20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議で対応を協議するとの見方を示した。

専務理事は世界経済フォーラムのイベントで「国際社会はこの問題に対する答えを準備しており、例えば3月のG20で重点的に議論すると予想される」と述べた。