[26日 ロイター] - 米石油サービス会社ベーカー・ヒューズが発表した26日までの1週間の国内石油掘削リグ稼働数は759基と、前週から12基増加した。

原油価格が2014年以来の高値近辺で推移する中、昨年3月以来の大幅増となり、稼動数も昨年9月以来の高水準に達した。

テキサス州西部からニューメキシコ州南東部にかけて広がるパーミアン盆地の石油掘削リグ稼動数は前週比18基増の427基と、全体の稼動数の半分以上を占めた。

同地域での週間の増加数としては2013年11月以来の高さ、稼動数は2015年1月以来の高水準となった。

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)