[東京 27日 ロイター] - 日銀は27日、黒田東彦総裁が26日の世界経済フォーラム年次総会(ダボス会議)のパネル討論会で、物価2%目標に「ようやく近づいてきた」と発言したことについて、物価が2%に達する時期を2019年度ごろと見込んだ「経済・物価情勢の展望(展望リポート)の見解と変わりはない」(広報課)との補足説明を公表した。

黒田総裁の発言を受けた26日の外国為替市場では、日銀による金融政策正常化観測が再燃し、一時108円前半へとドル安/円高が進行した。

*写真を付け、カテゴリーを追加して再送します。

(伊藤純夫 編集:田巻一彦)