[北京 28日 ロイター] - 中国の王毅外相が28日、北京で日本の河野太郎外相と会談し、両国の友好関係を強化するために日本側と協力する意向を示した。

王外相は河野外相の訪中が年始に実現したことについて、関係改善を示す日本側の強い希望の表れだと指摘し、関係改善が両国の相互利益となることから中国側も評価すると述べた。

また、両国関係には積極的な進展もあれば、多くの混乱や障害があると述べる一方、安倍首相が対中関係の改善について発言したことについても言及した。

これに対し、河野氏は日中がアジアや世界全体の安定と繁栄を守るために大きな責任を共有していると指摘。日中関係に取り組むだけでなく、特に北朝鮮問題など世界が直面する課題に共に対応する必要があると述べた。

また、日本の外務省報道官は、安倍首相と習近平国家主席による相互往来の年内実現に向け両国が取り組んでいると明らかにした。

河野氏はこの後、李克強首相とも会談した。