[東京 29日 ロイター] - 来日中のフランスのルドリアン外相は29日に都内で講演し、北朝鮮問題について、「軍事介入はアジア全体の安全に大きな脅威となる。米国が軍事介入を緊急に行うとは考えていない」と語り、平和的な解決の重要性を訴えた。

ルドリアン氏は「軍事的な形での解決はない」と指摘。「軍事的な行動が何らかの解決策を見いだすと考えている人はいないと思う」とも述べた。その上で、「必要なことは制裁を加え続けることであり、北朝鮮のほうから交渉の場につかせることだ」と語った。

(久保信博※)