真言宗の尼僧である悟東あすか氏は、幼い頃から「見えない存在」を感じ取っていたが、そのことで生き辛さを感じ、得度した際にお大師さまに祈って以来は霊感的に何かを見ることはなくなり、そして徐々に祈る時にご神仏からのメッセージを受け取れるようになったという。

そうして受け取ってきた様々なメッセージからわかった、ご神仏の力を借りて幸運に生きる方法を紹介した『神さま仏さまがこっそり教えてくれたこと』から一部を抜粋し、再構成してご紹介する。

この本で紹介されている悟東氏の周囲で起こった実際のエピソードには信じがたいものも多く、「神さま仏さまなんて、いるわけない!」と思い込んでいる人でもいつしか、「神さま、仏さまに祈ってみよう!」という気にさせてしまうはず!

頑固な夫を変えた、三宝荒神さまの力

悟東あすか(ごとう あすか)
高野山真言宗尼僧であり、漫画家。幼い頃から「見えないもの」の存在を感じ、それに悩まされることもあったが、得度した時にお大師さまに願うことで、以後は祈る時にだけ感じられるようになり、現在に至る。尼僧としては、1984年、高野山別格本山西禅院徒弟として得度。受明灌頂授了。2006年、高野山大学加行道場大菩提院にて加行成満。同年伝法灌頂授了。2007~2009年、高野山大学にて中院流一流伝授授了。漫画家としては、1989年に集英社少年ジャンプ第30回赤塚賞準入選。同年週刊少年ジャンプ夏期増刊号にてデビュー。<撮影:松島和彦>

 結婚当初、私の夫はご神仏をまったく信じていませんでした。
 私の修行には寛大でしたが、自分自身は超理系人間で、ご神仏に手を合わせることは一切ありませんでした。
 ところが、ある出来事を機にガラッと変わり、信心深い人間になったのです。

 それは、私が高野山での最初の入門的な軽い修行を終えた時のことでした。
 修行期間は、2週間。専門道場でみっちり真言密教の基礎を勉強します。
 夫は、修行自体は許したものの、「怪しいところなのではないか」と心配していたのでしょう。わざわざ高野山まで迎えに来てくれました。
 しかし私は、修行を終えたばかりなのに、さらに修行を続けたいと夫に伝えたのです。これには、さすがの夫もあきれたようです。久しぶりに会ったというのに、「僕は神仏なんて信じないぞ!何が尼僧だ!修行がなんだ!」と怒り始めてしまいました。

 それでも私は、腹を立てている夫と高野山の奥にある立里荒神社にお参りに行きました。
 修行の大小にかかわらず、小さくとも修行を終えた者は必ずこの神社に参拝し、無事修行を終えたことを報告するしきたりがあったからです。