[ニューヨーク 29日 ロイター] - 米連邦準備理事会(FRB)が今年は4回の利上げを実施するのではないかとの観測が出ていることを背景に、米短期金利先物が下落した。

CMEグループのフェドウォッチによると、フェデラルファンド(FF)金利先物は米東部時間午前8時50分(GMT1350)時点で、FRBが今年は4回利上げを行う確率が26%であることを示す水準にある。同確率は前週26日は23%、1カ月前は10%だった。

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)