[北京 29 日 ロイター] - 習近平・中国国家主席の盟友で反汚職の取り組みを指揮し、昨年10月の共産党大会で退任した王岐山・元政治局常務委員が29日、国会に相当する全国人民代表大会(全人代)の代表に選ばれた。新たな要職に就くとの観測が浮上している。

王氏は69歳で慣例に従って最高指導部の常務委員を退任した。だが指導部に近い筋はロイターに、王氏の忠誠心やこれまでに挙げた成果に報いる形で習氏が何らかのポストを用意する可能性があると語った。

湖南日報が「微信(ウィーチャット)」に掲載した公示によると、王氏は湖南省人民代表大会(地方議会に相当)で代表となっている。これ以外の詳細は明らかでなく、王氏のコメントも得られていない。

内部ルールで定年に達した王氏が引退せず要職に就けば、これが前例となり習氏が通常2期の任期を終えても国家主席にとどまる道が開かれる可能性がある。

王氏にどのポストが用意されるか明らかでないが、指導部に近い筋や外交筋からは、国家副主席に就任し対米関係を担うのではないかとの見方が出ている。

国務院新聞弁公室は取材の要請に応えていない。