今どきのチリワインの面白さ、素晴らしさについて、「オーガニック」「クールクライメイト」「セパージュ」「ツーリズム」という4つのキーワードをもとにその発見をレポートしていく。第4回目は「ツーリズム」。ワインを通じて、そのワインを生む、チリという国の文化や風土、そして人々の情熱と笑顔、その物語を楽しんでいただきたい。

ツーリズム
Keyword of Chilean wine 4 Wine Tourism

駅のコンコースのような『ヴェラモンテ』のテイスティングルーム&ブティック。カリフォルニアのスタイリッシュさを参考にしているのだとか

ワインから、ワイナリーから、そして人々から感じる喜び
チリワインはいい。この場所で生まれるのだから

 ガイドブックをめくると大きく扱われているのは遥か3700㎞離れたイースター島。南米への観光といってチリを目的地に選ぶ人はあまりいないだろう。

 実は見どころは多い…という話はあるのだけど、このテキストをここまで読んでいただいている方にはまず伝えたい。ワインを求めて行くチリは格別だ、ということを。

 オーガニック、クールクライメイトにセパージュに対する探究心。となると浮世離れした求道者というイメージも浮かぶが、チリのワイナリーは真逆。オープンマインドでフレンドリー。

『ラポストール』のテイスティングルーム。テーブルを開けると地下に幻想的なセラー。ニューヨークのヒップなレストランを思わせる仕掛け

 良いワインを造っているワイナリーは、ワインツーリズムにも大いに力と真心を注いでいた。造ったワインを多くの人に知ってもらいたい。その素直な気持ちが伝わってくる素朴だが居心地の良いテイスティングルーム、世界においても最先端なデザインホテル、世界的ラグジュアリーブランドの名を冠したコテージ、素朴で伝統的な料理を楽しめるレストランに、人気シェフを招聘した話題のレストラン…。

 ワインビジネスで成功して少しずつ施設を充実させてきたワイナリーもあれば、逆に観光業で成功しワイナリーを立ち上げたところもある。ワイン造りとツーリズムを両輪として成功したところもあり、いずれにしても、一体であることが自然体だと感じた。