[ワシントン 29日 ロイター] - 米通商代表部(USTR)のライトハイザー代表は29日、7月に期限切れとなる大統領貿易促進権限(TPA、通称ファストトラック)法について、トランプ大統領が3年延長を議会に求めると明らかにした。

TPA法の下、議会は大統領に貿易協定の強力な交渉権限を与えている。ライトハイザー氏は、北米自由貿易協定(NAFTA)再交渉の会合終了後記者団に対して、大統領はTPAの延長を決定したと明らかにした。

大統領が延長を要請すれば、下院と上院のどちらかが拒否する決議を可決しない限り、自動的に承認される。