ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
3分間ドラッカー 「経営学の巨人」の名言・至言

仕事の基盤の移行が知識に関わる者に新たな責任を課す

上田惇生
【第129回】 2009年4月2日
著者・コラム紹介バックナンバー
イノベーターの条件
ダイヤモンド社刊
1890円(税込)

 「技能の発見が文明をつくり出した。今日再び人類は大きな発展を遂げようとしている。われわれは仕事に知識を使い始めた」(『イノベーターの条件』)

 ドラッカーは、これまでの怪しげな歩みを見ても、知識の仕事への適用が心躍る偉業であることは明らかであると言う。そこに秘められた可能性は、かつての技能のそれと同じくらい大きい。年月は要するかもしれないが、その与える衝撃は十分に大きく、そのもたらす変化は十分に膨大だという。

 歴史上、少なくとも西洋では、知識ある者が権力を持ったことはなかった。飾りにすぎなかった。権力の近くで演じることのできた役割も、道化師のそれとあまり変わらなかった。

 ペンは剣よりも強しどころか、せいぜい阿片にすぎなかった。知識に魅力はあった。苦しむ者にとっての慰み、金持ちにとっての楽しみだった。だが、権力ではなかった。

 ところが、今日では知識が権力を握った。機会と栄進への道となった。科学者や学者は脇役ではなく主役である。必ず耳を傾けられる存在になった。安全保障や経済に関して、政策を左右する者になった。若者の人格の形成まで委ねられた。知識ある者は貧しくさえなくなった。

 「仕事の基盤が知識へ移行したことが、知識に関わる者に新たな責任を課す。それらの責任をいかに引き受けるか、いかに果たすかが知識の未来を左右する。知識そのものに未来がありうるかを決める」(『イノベーターの条件』)

関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

上田惇生(うえだ・あつお) 

 

ものつくり大学名誉教授、立命館大学客員教授。1938年生まれ。61年サウスジョージア大学経営学科留学、64年慶應義塾大学経済学部卒。経団連、経済広報センター、ものつくり大学を経て、現職。 ドラッカー教授の主要作品のすべてを翻訳、著書に『ドラッカー入門』『ドラッカー 時代を超える言葉』がある。ドラッカー自身からもっとも親しい友人、日本での分身とされてきた。ドラッカー学会(http://drucker-ws.org)初代代表(2005-2011)、現在学術顧問(2012-)。

 


3分間ドラッカー 「経営学の巨人」の名言・至言

マネジメントの父と称されたドラッカーの残した膨大な著作。世界最高の経営学者であったドラッカーの著作群の中から、そのエッセンスを紹介する。

「3分間ドラッカー 「経営学の巨人」の名言・至言」

⇒バックナンバー一覧