[モスクワ 30日 ロイター] - ロシアは、国連安全保障理事会による対北朝鮮制裁を履行するため、2019年末までに北朝鮮からの出稼ぎ労働者を全員帰国させる方針を明らかにした。インタファクス通信が、駐北朝鮮ロシア大使の発言として伝えた。

北朝鮮の弾道ミサイルおよび核プログラムを理由に昨年12月22日に発動された制裁は、全ての国が北朝鮮人労働者を2年以内に帰国させることが規定されている。

ロシアのアレクサンドル・マツェゴラ大使は「国連安保理の決定に従い、2019年末までに全北朝鮮労働者を帰国させなければならない」と述べた。 その上で、ロシアには違法な北朝鮮労働者はいないと付け加えた。

同大使によると、帰国する北朝鮮労働者は数万人規模となる。