[大阪市 31日 ロイター] - 任天堂<7974.T>は31日、2018年3月期の業績予想を上方修正した。家庭用ゲーム機「ニンテンドースイッチ」が好調に推移していることを織り込んだ。

売上高は前年比2.0倍の1兆0200億円(従来9600億円)、営業利益は同5.4倍の1600億円(同1200億円)に、それぞれ引き上げた。

スイッチの販売が好調で、4─12月期の関連売上高は5948億円と、全体の約7割を稼ぎ出した。これに伴い、ハードの販売計画を1500万台(従来1400万台)に、ソフトの販売計画を5300万本(同5000万本)に、それぞれ上方修正した。

昨年3月3日の発売からのスイッチ本体の累計販売台数は1486万台にのぼる。

会見した君島達己社長は、来期のスイッチ販売について「2000万台くらいを達成できたらいい」と意欲を示した。

2017年4─12月期の売上高は前年比2.7倍の8570億円、営業利益は同5.9倍の1564億円だった。

(志田義寧)