[ブリュッセル 31日 ロイター] - 欧州連合(EU)統計局が発表した1月のユーロ圏消費者物価指数(CPI)速報値は前年比1.3%の上昇となり、上昇率は予想通りに前月の同1.4%から鈍化した。

速報値に前月比のデータは含まれていない。

未加工食品とエネルギーの価格上昇率が鈍化したことを受けた。

1月の未加工食品は1.0%上昇。伸び率は12月の1.9%から縮小した。エネルギーも12月の2.9%から2.1%に伸びが減速した。

変動が最も激しいこれら2つの項目を除いた1月のコアインフレ率は1.2%と、12月の1.1%から伸び率が拡大。予想の1.0%上昇に反して伸びが加速した。