アジアでナンバーワン、中国とグローバルで4位のスマホシェアを誇る中国メーカーのOPPOが今日31日、新端末の記者会見を行ない、日本に上陸した。端末のレビューはすでに掲載しているが(関連記事)、当記事では発表会の様子をお届けする。

OPPO

 まずはOPPOがどのように成長してきたのかを、OPPO Japan 代表取締役 鄧 宇辰(トウ ウシン)氏がプレゼンテーションした。インカメラの性能にこだわり、若者の意見を積極的に取り入れた戦略で、OPPOはアジアでトップに、グローバルでもサムスン電子、アップル、ファーウェイに続く4位に食い込んだと説明。ただ、日本には創業100年を越えるメーカーが2万社以上あり、とくにスマホではシェアの約半分がiPhoneである。その中で生き残る難しさもあるが「グローバルでここまで成長してきた経験を活かし、長く成長していきたい」と意気込みを語った。

OPPO
ブランドのプレゼンテーションを行なった、OPPO Japan 代表取締役 鄧 宇辰氏
OPPO
端末のプレゼンテーションをしたOPPO Japan 取締役 河野謙三氏
OPPO
アジアの若者の間では、スマホと言えば「OPPO」だという
OPPO
毎年カメラに関する革新的な技術を投入している

 鄧氏はさらに「OPPOのスマホはカメラ性能を追求してきた。中国や東南アジアではカメラスマホとして人気です。R11sではAIを搭載し、弊社の膨大なデータベースの中から性別や年齢、肌の色などを分析して補正してくれます。InstagramなどのSNSを積極的に使っている若者に手に取ってほしい」と、日本でも若者向け、そしてカメラ戦略を行なっていくとした。

 次に、プロフォトグラファーの角田修一氏が登壇し、カメラの良さについて語った。実際にモデルさん2人と共に遊園地や公園に行って撮影したとのことで「ボケ味が簡単にできるので、一眼レフで撮影したようなカットがすぐに撮れる。今までスマホのカメラというと、満足できるものがなかったんですけど、R11sのカメラは本当に美しく撮れます」とコメントした。

OPPO
ゲストとして登壇したフォトグラファー 角田修一氏
OPPO
スマホのカメラでこのクオリティーの写真が撮れることを、興奮気味に語った
OPPO
発表会と連動して、表参道ヒルズでは角田氏の作品展示も行なっていた

 若者をターゲットにシェアを伸ばしてきたOPPO。iPhoneがシェアの半分を占める日本で、どのように存在感を出していくのか楽しみだ。

OPPO
最後に価格が発表された。このスペックでこの価格はかなりバランスがいい
OPPO
OPPO
背面がラウンドしていて握りやすいデザイン
OPPO
OPPO
左右だけでなく、上下のベゼルも極限まで狭めている
追加
追加
上下のフレームはこのように真ん中が凹んだデザインになっている
追加
追加
両サイドにはボリュームキーと電源キーが配置されている。本体もかなり薄い
OPPO
OPPO
背面はマット加工。そして、デュアルレンズと指紋センサーがある
OPPO
OPPO
AIとデータベースにより、自然に盛ってくれるカメラ
OPPO
OPPO
左がノーマル、右がビューティーモードで効果をMAXまで上げた状態
OPPO


■関連サイト