[東京 1日 ロイター] - 寄り付きの東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比177円81銭高の2万3276円10銭となり、反発して始まった。前日の米国株が小幅ながらも上昇したことや、為替が1ドル109円台前半とやや円安に振れたことが支援材料となり、主力株に買い戻しが入った。銀行株がしっかり。前日に決算発表を行った日立製作所<6501.T>、任天堂<7974.T>などが上昇している。半面、海運やガラス・土石、不動産がさえない。