[ワシントン 31日 ロイター] - 米ホワイトハウスの当局者は31日、ロシアの米大統領選干渉疑惑の捜査がトランプ大統領に反対する立場に偏向して行われているとして、米連邦捜査局(FBI)と司法省を非難した機密文書について、1日に公開されるとの見通しを示した。

下院の情報特別委員会は29日、ロシアによる大統領選干渉疑惑に関する司法省の捜査に反トランプ偏向がみられるとする機密文書の公開を決定した。トランプ氏が可決から5日以内に反対しなければ公開が可能になる。

FBIは31日声明で、文書には正確性に問題があるとして「深刻な懸念」を表明し、公開に反対する立場を示した。