[東京 1日 ロイター] - 正午のドル/円は、前日ニューヨーク市場の午後5時時点から小幅高の109円前半。

海外市場で円が売られた流れを受け、東京市場のドルは底堅い動きが続いた。日経平均が一時300円超の上昇となったことも背景となり、ドルは一時109.41円まで買われ、ユーロも135.90円をつけた。

ただ、午前のドルの上下値幅は32銭。積極的な売買はみられなかった。