[ワシントン 31日 ロイター] - ロシアの米大統領選干渉疑惑の捜査が、トランプ大統領に反対する立場に偏向して行われていると非難した文書の公開を下院委員会が決定したことに関して、米連邦捜査局(FBI)は31日、文書には正確性に問題があるとして「深刻な懸念」を表明した。

下院の情報特別委員会は29日、ロシアによる大統領選干渉疑惑に関する司法省の捜査に反トランプ偏向がみられるとする機密文書の公開を決定した。トランプ氏が可決から5日以内に反対しなければ公開が可能になる。

FBIは声明で「下院委員会が可決する前日、この文書をレビューする限られた機会を与えられた」と説明した上で「文書の正確性に根本的に影響を与える事実の欠落について深刻な懸念がある」と発表した。

レイFBI長官がこの声明を承認したかどうか、FBIは明らかにしていない。トランプ氏は昨年5月コミーFBI長官を解任し、レイ長官を後任に指名した。

米ホワイトハウスの当局者は同日、この機密文書について、1日に公開されるとの見通しを示した。

また、FBIの声明が発表される数時間前には、ケリー大統領首席補佐官が、文書は「間もなく」公開されると述べている。

文書は、共和党のニューネス委員長の指示により作成された。民主党は、疑惑捜査の取り組みを損ねると非難し、公開に反対した。トランプ氏が可決から5日以内に反対しなければ公開が可能になる。

4人の関係筋によると、機密文書は、FBIと司法省が、トランプ陣営幹部カーター・ペイジ氏の通信傍受に関して、外国情報監視裁判所へ延長を求めた際の問題点などを指摘している。

*情報を追加しました。