[東京 1日 ロイター] - 2017年度補正予算は1日の参院本会議で与党などの賛成多数で可決、成立した。待機児童解消に向けた保育所整備やミサイル防衛態勢の強化を急ぎたい考えで、予算審議は2日から18年度予算案の質疑に移る。

17年度補正予算の追加歳出は2兆8964億円で、内訳は、1)生産性・人づくり革命4822億円、2)災害復旧、防災・減災1兆2567億円、3)経済連携協定3465億円、4)喫緊の課題への対応8110億円。

国債費の繰り入れを除く政策経費としては2兆7073億円を追加した。