[ブリュッセル 1日 ロイター] - 欧州連合(EU)欧州委員会のモスコビシ委員(経済・財務・税制担当)は1日、2.5%と10年ぶりの高水準となった昨年のユーロ圏の成長ペースが2019年まで続くとの見通しを明らかにした。

同委員は仏BNPパリバが主催した金融サービス会議で「この勢いは少なくとも2018年と19年も続く。世界的にリスクは均衡している」と語った。

また力強い経済成長を背景に構造改革に取り組む方針で主要20カ国・地域(G20)は一致していると述べた。