おーい、NAMMが終わったぞー!

 毎年恒例、世界最大の楽器見本市「NAMM2018」が、1月25日から28日の4日間に渡ってアナハイムのコンベンションセンターで開催され、めでたく終了したらしい。と、実際には行っていないので推定である。

 聞くところによると、例年より規模が拡大したので、とても4日間で見て回れるボリュームではなかったとか。やっぱりインターネットで検索しまくる方が全然効率がいいのだ。今年も行かなくて良かった、ああ良かった本当に良かったなあ。

 全体をとおして見ると、規模が拡大した割には、大きな製品発表はなかったようだ。何しろ大きな発表があれば、ネット越しにでもすぐ伝わってくるご時世なのだから。でも小粒ながら、ビリリと痺れる製品はいくつも出展されていたようだ。

 で、今年の一等賞はコレじゃないだろうか。ビリビリ系。

プラズマ放電ディストーション「PLASMA PEDAL」

見た目最高! 放電見えるエフェクター「PLASMA PEDAL」がカッコいい
PLASMA PEDAL Gamechanger Audioより

 これは大変。なんとキセノンガスを封入した放電管に、3.5kVの電圧をかけてビリビリやった結果を音にするというもの。前代未聞の、まさしくハイボルテージなディストーション「PLASMA PEDAL」。

 まず見た目最高! ビリビリ来そうな危ない感じが最高にロックであり、ピッキングに合わせて放電する様子もまた実にカッコいい。でも大丈夫なのかそれ?

 そう来場者が訝るだろうことを想定してなのか、ブースに立つメーカーの人もサングラスをかけてヤバい感じを出していて、これまた最高だった。

 コントローラーは5つ。BLEND、DRIVE、LOW FRQ、HIGH FRQ、そしてVOLTAGE。それぞれ生音/エフェクトの混合レート、歪み量、低域EQ、高域EQ、そして音量となっている模様。

 メーカーはこのプラズマ放電ディストーションの利点について、ナチュラルなノイズゲート効果がかかること、と言っている。確かに放電に達しない電圧に下がると、信号も切れて音も出なくなるので、当然そういうことになる。

 サウンドもハイスピードなブチブチ系の刺激的なタイプ。YouTubeに上がっているデモ動画を聴く限り、往年のコンパレーター式ファズのようで、リングモジュレーターのようにオクターブ上の成分もちょっと乗っているようにも聴こえる。

 このプラズマディストーションを出展したのは、去年のNAMMでピアノのサスティンペダルの形をしたルーパー「PLUS」を発表した、ゲームチェンジャーオーディオ。

 今回の出展作は、まだプロトタイプで価格も発表されていない。が、なにしろ見た目がロックだ。見たらみんな欲しくなる。少なくとも私は欲しい。これをさらに大掛かりにして、テスラコイルを使ったファズなんかできないのか、なんてことも思う。

 アナログのエフェクトペダルは、長い間新しい技術やアイデアが入ってこなかったおかげで、オーディオの世界のように、なにやらウンチク臭い世界になってきた。だからこういう発想の大転換、ゲームチェンジは大歓迎だ。いいぞ、もっとやれである。

ファズ内蔵シールド「RAT Tail Distortion」

 昔々、オレンジスクイーザーという、ギター直差し型のコンプレッサーがあった。エフェクターの筐体にオスのプラグが付いていて、それをギターに差し込むのだ。ラリー・カールトンも使っていた。日本でもMaxonブランドで、似たようなデザインのブースターが売られていた。

 でもギターにでっかい箱がくっついているの、なんかブサイクだよね。じゃあそれをググッと進めて、いっそシールドのプラグに内蔵してしまえ。

 まさにコレが、そういう感じの製品。ProCoから独立したブランドとなった RAT Distortion が世に問う「RAT Tail」である。これはNAMMが始まる前から話題になっていた。

見た目最高! 放電見えるエフェクター「PLASMA PEDAL」がカッコいい
Rat Distortionより

 あのディストーションペダルの名作「RAT」を、そのまんまプラグケースにイン。中身はクリッピングダイオードを使った往年のRATと同じだ、とメーカーは言っている。

 見た感じ、プラグはそんなに大きくもなく違和感はない。プラグにはロータリースイッチがついていて、エフェクトのオンオフとゲインのレンジを切り替えられるようだ。ちなみにオフにするとトゥルーバイパスになるので、ただのシールドとしても使える。

 ただ、気になるのは、バッテリーに何を使っているのかが、今の段階でも不明なこと。ケーブルの抵抗値のようなスペックは公表されているものの、公式サイトにバッテリーのデータはない。検索の根性が足りなかったせいかもしれないが、YouTubeのデモ動画でも、その点に触れているものは見当たらなかった。

 こうしたものを自作しようと考えると、まず壁に当たるのがバッテリー。信号劣化を防ぐバッファーや、ゲインを稼ぐブースターはプラグに内蔵したほうが早いし、基板も十分に小さくできる。でも電池が006Pでは大きくて困ってしまうのだ。

 でも、すでにUSでは販売が始まっているので、買って確かめればいいだけの話だ(ヤッホー!)。小売希望価格は10フィートが57.99ドル(約6366円)、18フィートが59.99ドル(約6585円)、25フィートが62.99ドル(約6914円)となっている。

茶こしフィルターマイク「TB-1」

見た目最高! 放電見えるエフェクター「PLASMA PEDAL」がカッコいい
TB-1 Tea Ball Microphone--ZVEX Effectsより

 いつも頭がおかしい(いい意味で)ザッカリー・ベックス氏率いるZVEX EFFECTSは、マイクロフォン「TB-1」を発表。お茶の葉をこすステンレス製のフィルターを外装に使ったもので、はっきり言ってクオリティーとしては自作レベル。日本のmakeの人たちの方が、よほどプロっぽく仕立てると思うのだが、そこがいいのだ。

 おい、たまたま作ったら変な音が出ただけだ、アイデアさえあれば君にもすぐ作れるぜ、でもお金を出して買うのかい? じゃあどうぞ。それが製品に込められた裏メッセージではないかと、私は勝手に思っている。

 で、そのTB-1のお値段は249ドル。どうやら口を近づけないと全然音を拾わないという特性のようだ。

 それ一体何に使うんだという話だが、離れた音はほとんど拾わない、大音量のアンプの前に持って来てもハウリングを起こさない。そこに利点があるようだ。なにしろ、あの馬鹿でかい音のマーシャルに直接つないでも平気なのだから大抵のことは大丈夫だ。

 のみならず、そのほかの頭おかしい(いい意味で)同社のエフェクター群を通し、歪ませ、フィルターでレゾナンスを立てても全然平気。ゲインは相当上がっているはずだし、アンプのすぐ目の前でやっているのに、まったくハウらない。

 自分の声をジェネレーターとして使って、シンセ的な音も出せるし、極悪なノイズを奏でることもできる。音源は自分の声だから、カオシレーターよりも直感的でコントローラブル。これは素晴らしい! そう思ったら買うべし。



著者紹介――四本 淑三(よつもと としみ)

 1963年生れ。フリーライター。武蔵野美術大学デザイン情報学科特別講師。新しい音楽は新しい技術が連れてくるという信条のもと、テクノロジーと音楽の関係をフォロー。趣味は自転車とウクレレとエスプレッソ