経営 × 財務

技術で勝負する時代から
マネジメントの力が問われる時代に
【シリーズ対談】日本企業が世界で戦うために

2018年3月20日
previous page
3
nextpage

本社組織は放っておくと
ポジションが増え、膨張していく

橋本:デュポンの場合でいうと、事業部門がビジネスに専念できる環境をつくるのが、コーポレートの重要な役割の一つです。例えば、資金調達やキャッシュマネジメントはコーポレートに任せて、事業部門はビジネスをどんどんドライブしてください、と。

 そのために、ビジネスファイナンスという日本の企業でいえば経営企画と財務の両方の機能を担うスタッフが、各事業部門の中に入っている。その人たちの人事権はファイナンスが持っていて、ファイナンスと事業部門長の両方にレポートしています。

 ただ、日々の業務においては、事業部門がなるべくビジネスに専念できるように、あるいはビジネスを成長させられるように事業部門長をサポートしています。それは、人事やIT、法務などの機能についても、同じです。

 デュポンも含めたグローバル企業では、子会社や海外現地法人といったエンティティの壁を超えて、事業領域ごとに縦のコミュニケーションをしっかり取っていることが多いように思います。

 グローバルの事業部門長クラスになると、コミュニケーションのためにいろいろな国を飛び回っているので、ほとんど本社にいない。CFOなどファンクションのトップは、そこまでではありませんが、電話会議などを通じて世界中の案件をこなしています。

日置:それはマネジメントの仕組みがしっかりしているからこそ、機能するのでしょうね。日本の大企業でも「グローバル○○会議」を開催したり、また現地法人の訪問、リージョナル会議への出席をしたりと、世界中を忙しく飛び回る経営陣が多くなりましたが、情報のインフラが統一されていないし、業務プロセスもバラバラ。それらの前提となるガイディングプリンシプルやポリシー類も曖昧です。

 先ほど橋本さんがおっしゃったビジネスファイナンスなどコーポレートが横串を通す機能も不完全なので、事業部門長やCFOがどれだけ飛び回っても、なかなか方針が日々の活動にまで落ちていかない。

 ほかにも、たとえばCFOといっても、日本の場合は実質的には財務・経理担当役員という人も少なくなく、大きな投資を含めた経営企画機能とか、M&A、内部統制やIRはそれぞれ別の担当役員がいたりする。最終的にレポートラインで綺麗に整流化できればまだよいのかもしれませんが、なぜ、そんなにファンクションをばらばらにしているのか、日本企業のグローバルマネジメントに関するより根幹的な論点がそこにあるように思います。

橋本:CFOの機能を分担する役員が何人もいたら、米国ではアクティビストファンドの格好の的になるでしょうね。

 古今東西、本社組織というものは、放っておくとポジションが増え、膨張していくものです。事業部門に取り込めるものは取り込むなどして、本社の機能はシンプルにした方がいいのではないでしょうか。その上で、事業部門長はコーポレートスタッフをフルに活用してビジネスをドライブしていけばいいと思います。

previous page
3
nextpage

最新コンテンツ CFO、CEO、ビジネスリーダーが知るべき経営プラットフォームの概念と実際

財務基盤改革の最新事例を知る Case Study


IT insight

情報家電、インターネット、ソーシャルメディア、携帯電話など、ITツールの最新情報に加え、激動の市場を勝ち抜くIT企業の戦略、ITを駆使した新しい企業経営の姿などを伝える。ITエグゼクティブや編集部の視点から、ITビジネスの最前線を徹底分析する。

「IT insight」

⇒バックナンバー一覧