ヘッドフォン

 現在、ヘッドフォン/イヤフォンというと、完全ワイヤレスタイプのイヤフォンや、ノイズキャンセリング機能を搭載したBluetoothヘッドフォンなどが話題だが、1万円前後の価格帯において有線型ヘッドフォンのコストパフォーマンスが結構高い。

 ただ安いというのではなく、高音質でありながらも1万円前後まで値段が下がってきているモデルが多いのだ。その中で、気になる製品を2つピックアップしてみた。

低音好きによさそう パイオニア「SE-MHR5」

ヘッドフォン
パイオニア「SE-MHR5」

 2016年2月に発売されたパイオニア「SE-MHR5」は、「Premium Sound」シリーズとして発売されたヘッドフォン。

 発売当初の実売価格は2万円ほどだったが、現在は1万3000円程度で売られている。

ヘッドフォン
ドライバーは40mm径のものを採用
ヘッドフォン
折り畳みが可能だ

 ハウジングはアルミ製で、見た目ほど重くないのが特徴的。DJっぽいデザインでラフな服装に似合いそうだ。

 ハイレゾ対応の40mm径ドライバーを採用し、7~50000Hzの再生が可能。バランス接続にも対応しており、そのためのケーブルも付属する。

ヘッドフォン
ケーブルのコネクターの根元に突起がある
ヘッドフォン
バランス接続用ケーブルが付属する

 ハウジング側のオーディオコネクターが独特の形状で、同梱のケーブル以外だとすぐ外れてしまうか、形状によっては差さらない。ケーブルの流用はできないと思った方がいい。

 試聴してみると、低音の迫力が結構あり、精細感も高い。音のインパクトが強い印象だ。かといって全体的なバランスもよく、音の広がりも感じられる。

ヘッドフォン
装着イメージ。耳への圧力は強めで密着感が高い

 一方で、イヤーパッドが結構強めに耳にあたるため、迫力のある音と相まって、長い間聞いていると疲れるかもしれない。

 とはいえ、1万3000円出してこの音ならお買い得な気がする。

45mmの大口径ドライバーを搭載するオーディオテクニカ「ATH-AR5」

ヘッドフォン
オーディオテクニカ「ATH-AR5」

 オーディオテクニカが2016年に発表した「Sound Reality」シリーズは、「原音再生」「高解像度」「高レスポンス」をコンセプトとするブランド。

 そのポータブルモデルという位置づけの「ATH-AR5」は45mmの大口径ドライバーを搭載し、ハイレゾ音源の再生に対応。

ヘッドフォン
質感がいいハウジング部
ヘッドフォン
イヤーパッドは楕円型で耳を覆う感じで装着する
ヘッドフォン
折り畳みが可能なので持ち歩きに便利
ヘッドフォン
付属ケーブルはスマホに対応。音楽の操作などが可能だ

 質感はすばらしくいい。持った時に意外とズシッとくる感じやハウジングの金属の感触、ヘッドバンドやイヤーパッドのラバー感などかなりかっこよく感じる。

 登場当時の実売価格は1万5000円前後で、現在の実売価格は1万3000円前後。まだ比較的新しいモデルなので値下がり幅は少ないが、だからこそデザイン的に洗練されているのだろう。

ヘッドフォン
装着イメージ。ゆったりしたつけ心地だが密閉感も高い

 試聴してみると、先ほどのSE-MHR5よりは大人しい印象。低音などのインパクトはあまりないが、広がり感も感じられてバランスがいい感じ。

 こちらは装着感が楽で、長い間音楽を聞いていても疲れそうにない。

1万円台前半で買えるヘッドフォンがお買い得かも

ヘッドフォン
「MDR-100A」

 今回は個人的に気になった製品をピックアップしたが、このほかにもこれはお買い得なのではないかという製品がある。

 たとえば2015年にソニーが発売した「MDR-100A」は、振動板をチタン素材でコーティングした40mmドライバーを搭載するヘッドフォン。リリース当時2万円以上する製品だったが、現在は1万2500円前後で売られている。

iPhoneオーディオ
beyerdynamic「CUSTOM STREET」はその名の通り見た目のカスタマイズが可能
ヘッドフォン特集
ヤマハ「HPH-PRO300」

 また、beyerdynamicの「CUSTOM STREET」やヤマハの「HPH-PRO300」など、やや古めではあるがお買い得感のある製品が1万円台前半ぐらいまでに値を下げてきている。

 ヘッドフォン、特に有線接続のものはそれほど技術革新が進むジャンルの製品ではないため、多少古くても音質にはあまり問題はない。

 どちらかというと音の好みのよって意見が分かれるものなので、量販店などに足を運んで試聴してみてはいかがだろうか。