[アンマン/モスクワ 3日 ロイター] - ロシア外務省は、同国戦闘機が3日、シリア北部イドリブ県上空で撃墜され、機外に脱出したパイロットが殺害されたことを明らかにした。反体制派組織はソーシャルメディアで、携行型ミサイルでロシア軍機を撃墜したと明らかにした。

ロシア外務省も、戦闘機は携行型地対空ミサイルで撃墜されたと説明。パイロットはパラシュートで脱出したが、その後地上の戦闘で死亡したとした。

戦闘機が降下した地域では、ロシアによる空爆や、ロシアやイランが支援するシリア政府軍と、アサド政権に反発する反体制派との地上での戦闘が続いている。

米国務省のナウアート報道官は、ロシア軍機が撃墜されたことや、米国が反体制派にミサイルを提供したとの見方が出ていることに関する報道を目にしたと述べた上で、「米国がシリアの組織に携行型ミサイルを提供したことはない」と強調し、こうした武器が使用されたことに懸念を示した。

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)