[東京 5日 ロイター] - 寄り付きの東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比353円37銭安の2万2921円16銭となり、大幅続落した。米金利上昇を背景に2日の米国株市場でダウ工業株30種が約666ドル安と急落。株式市場からの資金流出を懸念する売りが東京市場にも波及した。寄り後に下げ幅は400円を超えている。足元の企業業績は堅調で、好決算を発表したホンダ<7267.T>、ソニー<6758.T>などには買いが先行している。業種別では鉱業、石油・石炭、非鉄金属などが軟調。半面、電気・ガス、空運は上昇している。