ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
今週の音盤=心のビタミン ビジネス・パーソンのための音楽案内

【モーツァルト「交響曲第39番変ホ長調K543」】
貧乏のどん底から生まれた
優雅、清潔、明朗な響き

小栗勘太郎 [音楽愛好家]
【第17回】 2012年1月26日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 お金、好きですか?

 当然ですよね(大声で「私はお金が好きだ」と言う人はいないかもしれないけれど)。 お金にまつわる様々なことを憎む人はいるでしょうが、お金が嫌いな人はいないでしょう。だって、十分なお金があれば、欲しいものの多くを手に入れられるのだから。

 でも、実際には、お金に苦労している人、騙された人、不幸に感じる人、お金に関わる様々なことが人間模様をつくり出しています。シェークスピアは「ベニスの商人」を書いたし、O・ヘンリーは「賢者の贈りもの」を著しました。が、もしもお金が十分にあったならば、これらの物語は成立しなかったでしょう。

 お金があれば、素敵なことが実現可能になります。

 それは、そのとおりです。が、あえて、お金は全てではない、と言いたくなります。お金の無い者の強がりかもしれません。でも、やはり、世の中、お金が全てという訳ではないでしょう。

 例えば、お金では買えない大切なものが幾つかあります。その一つが才能です。“才能に似た何か別のもの”は、十分なお金があれば得ることができるかもしれません。が、本物の才能はお金では買えません。

 そして、本物の才能は、お金がなくて現実の社会で苦労しても、いつか必ず自らの伸びる道を見つけ出すのです。

 と、いうわけで、今週の音盤はモーツァルトの交響曲第39番・変ホ長調・K543です(超お奨めは、ブルーノ・ワルター指揮コロンビア交響楽団〈写真〉です)。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

小栗勘太郎 [音楽愛好家]

1958年生まれ、牡羊座のB型。某国立大学卒、米国滞在5年。公僕を生業とする音楽愛好家。著書は『音楽ダイアリーsideA』 『同sideB』(西日本新聞社)。『毎日フォーラム』誌にて「歴史の中の音楽」を連載中。


今週の音盤=心のビタミン ビジネス・パーソンのための音楽案内

ビジネス・パーソンは日夜、現場で闘って、日々、喜怒哀楽を感じる。実は音楽の現場も同じだ。だって、音楽もビジネスも、所詮、生身の人間が作る、極めて人間くさい営みだから。音楽には妙な薀蓄など不要かもしれないが、音楽が生まれる時には物語がある。それを知って聴けば、喜びが倍になり、悲しみが半分になるかもしれない。毎週1枚、心のビタミンになるような音盤を綴ります。

「今週の音盤=心のビタミン ビジネス・パーソンのための音楽案内」

⇒バックナンバー一覧